ヨガポーズ

ゆがみを取り美脚を目指す、輪のポーズ

投稿日:

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。
ヨガをしていると、細くて引き締まっていてもO脚や外反母趾などで脚がゆがんでいる人をよく見かけます。

ヨガの時間だけの問題ではありませんが、ポーズを取る時の体重のかけ方や、関節の向きに気をつけることで、ゆがみを予防することができます。
今回は、輪のポーズを例に取ってご説明します。

まず、足を腰幅にします。
つま先を前に向けるだけでなく、膝頭も正面に向けましょう。
股関節から正面に向けます。
膝頭は、後ろから膝裏を鏡で見ても正面を向いているか確認ができるとベストです。
これで、O脚予防の土台になります。
また、足指には均等に体重をかけ、かかとの真ん中に体重を乗せるようにしましょう。
これで、外反母趾予防の土台ができます。
これを維持したまま、股関節から体を折っていきます。
膝が曲がって構わないので、股関節から下を正面に保ち、手のひらを足裏へ差し入れます。

目黒ピラティス・ヨガクラス

2008年から火曜日夜に行っているピラティス・ヨガのクラスです。
とは言いますが、メンバーの方々のその日の体調を伺い、ヨガやピラティス意外のボディワークを取り入れた方が効果的な場合には、臨機応変に行います。

肩こり、腰痛、ストレス、股関節の硬さ、むくみ、冷えなど
トータルで体調を整えることを大切にしたクラスです。

・長座で座れるようになった
・引き締まった
・リラックスしてよく眠れるようになった
・股関節が柔らかくなった

など変化を感じている方が多いです。
月3回と無理のないペースです。

◆月3回火曜日 18:00~ピラティスメインクラス、19:30~ヨガクラス
◆体験 1500円
◆ヨガマット持参
◆詳細は http://mitakureiko.com/circle.html ご覧の上、お問い合わせ下さいませ。

-ヨガポーズ

Copyright© ヨガステネット , 2018 All Rights Reserved.