ヨガコラム

セルフアジャストで効果的に!三角ねじりのポーズ 美宅玲子

投稿日:

こんにちは。美姿勢インストラクターの美宅玲子です。

皆さんがヨガをされている環境には、全身が映るような大きな鏡はありますか?


ヨガには必ずしも鏡は必要ないと言われていますが、
(心身の内側を観察するため)
ポーズを取る時に、自分がイメージしたポーズと実際のポーズが合っていないことはままあります。

正しいイメージをしていても、正しいフォームでポーズが取れていない場合
ポーズによってはケガをしてしまう可能性もあります。
と言っても鏡がない環境であれば、修正はなかなか難しいものです。

ヨガのポーズ「三角ねじりのポーズ」

今回は、三角ねじりのポーズを例にとって
自分でポーズを修正し、効果的にポーズを行うための
セルフアジャスト方法をご紹介いたします。

セルフアジャストで効果的に!三角ねじりのポーズ 美宅玲子1
両足を平行にして立ち、骨盤の向きが前向きのまま変わらないように
右足を後ろに大きく一歩引きます。

息を吸って右腕を前に伸ばし、吐きながら上体を前にスライドしながら倒します。
右手を床に置きます。

左手を仙骨に置き、骨盤が床と平行になっているかを確認してから
左手を上(天の中心)に伸ばします。

両手で天の中心と地球の中心を貫くイメージです。
つむじはまっすぐ前、尾骨はまっすぐ後ろの壁を突き刺すイメージです。
両足は、太ももの骨から内ねじりにすると、中心軸が取れバランスを取りやすいです。

5呼吸ほどしたら、手を腰に当て
息を吸いながら上体を起こします。
脚を戻して、反対側も同様に行います。

 

目黒ピラティス・ヨガサークル輪

目黒川に季節を感じ、東京タワーの夜景やお月様を眺めながら行っている、
目黒ピラティス・ヨガサークル輪のご案内です。

セルフアジャストで効果的に!三角ねじりのポーズ 美宅玲子

小ぢんまりした和室で、マイペース&アットホームなクラスです。
月3回火曜日の18:00~19:20 ピラティスメイン&ヨガクラス
19:30~20:45 ヨガクラスを行っています。

メンバーとインストラクターの距離が近く、
毎回メンバーの体調やリクエストを聞いて
それに応じたピラティスやヨガのメニューを組んで行います。

お客様の声 http://mitakureiko.com/review.html

30~60代女性がメインで
肩こりなど不定愁訴解消、ストレス解消、体調管理、引き締め、またインストラクターの方が勉強やメンテナンスのために通っています。

レッスンの詳細情報 http://mitakureiko.com/circle.html

オープンなクラスなので、上記ホームページより
どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

-ヨガコラム
-, ,

Copyright© ヨガステネット , 2018 All Rights Reserved.