ヨガコラム

首が痛い、肩が痛い、それだけではありません。顔にも気をつけて。

投稿日:

首が痛い~

産後ヨガに来る生徒さん。
ママヨガに来る生徒さん。

話を聴いて、一番多いのは、
首と肩が痛い・・・

理由は、
子どもが重たいから?
ずっと抱っこしてるから?
猫背だから?

一理あるかもしれません。

でも、一番の原因はあごが上がるから

縦抱きをして、下を向くと、赤ちゃんの頭にあごか当たります。

なので、ママはあごを少しあげます。
頭というのは、本当は少し前傾しているのが正しいのです。
あごが上がると後傾します。

そうすると、首の細い筋肉は重い頭を支えきれなくなるのです。
かくして、首は疲れて痛くなるのです。

首の細い筋肉とつながっている、肩をぶら下げている筋肉もこります。
これらの筋肉は、頭の後ろの盆のくぼ(へこんでる)あたりに、末端があります。

ここを、よーくストレッチするといいですよ。

しかし、これは、首と肩が凝っているだけでは、ありませんよ~
あごが上がって後傾すると、頭の筋肉と、首の後ろの筋肉は
盆のくぼみ(頭と首の境の凹んでるとこ)一点にテンションがかかります。

ここで、注目するのは、顔の筋肉。

額は、頭に引っ張られ縮み、額から下は、下あごの重みで不自然に下に引っ張られます。

これが、顔をたるませるんです。
俗にいう、スマホブスと同じ姿勢なんです。

恐ろしい。

胸を張ろうとか、前を向こうとする意識がありすぎるとあごが上がりがちになります。

ヨガでも、自然にしていると、ちゃんとなっているのに、あれ?というときは、大抵意識しすぎです。

ママは、それが普段も癖になっている可能性が大なので、少し意識してみてください。

そして、心あたりあるというかたは、顔ヨガで簡単に元に戻しちゃいましょう。

初心者ヨガ&顔ヨガ★ビューティフローヨガ2

初心者ヨガ&顔ヨガ★ビューティフローヨガ

横浜市保土ヶ谷区、旭区にてフェイシャル(顔)ヨガ、ヨガレッスンを週3~4本開催中。
近隣の幼稚園や学校、保土ヶ谷区社会福祉協議会主催のシニアヨガ、デイケアセンター等で出張ヨガを行っている。
ハタヨガ、ベビーヨガ、産前産後ヨガ、ベビーマッサージ等のレッスンで精力的に活動中。
ISD個性心理学を活用した【心ヨガ】で出張ファミリーカウンセリングやグループカウンセリング、アドバイザー講座など行っている。

また、3人の母親である経験から、「ママスク横浜北」という、子育てママ支援コミュニティに在籍して、支援、講座も行っている。

初心者ヨガ&顔ヨガ★ビューティフローヨガ1

メニューhttp://ameblo.jp/tsnhr-wp-chan0401/entry-12113592458.html
スケジュールhttp://ameblo.jp/tsnhr-wp-chan0401/entry-12088696074.html
近日開催講座は5/17「朝活 ワタシ時間はじめよう!」https://coubic.com/anuenue6363/166376
5/16「子どもの心と身体の成長を助けるハッピーメソッド」
https://ssl.form-mailer.jp/fms/82ff6886426374
5/19「ママのリフレッシュタイム」
https://ssl.form-mailer.jp/fms/cd43d7df381627

-ヨガコラム
-, ,

Copyright© ヨガステネット , 2018 All Rights Reserved.